忍者ブログ
―主よ、何処へ行かれるのですか? ―万軍の主って正しく将軍様のことだよね。
[199]  [198]  [197]  [196]  [195]  [194]  [193]  [192]  [191]  [190]  [189
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 ■中学生の頃、時間の作り方について書かれた本を読んだ。その本は現在ちょっと手元に無いので正確な内容を記すことはできない。ただ、多分概ね「人付き合いを止めれば時間は出来る」とか「バイトは時間の切り売り」といったことが書かれていたと思う。


■当時私は「何を馬鹿なことを」と思った。書かれていることは確かに事実だろう。付き合いにかける時間は節約できる。しかし、それで人間関係を損なっては元も子もないのではないか、と考えたのだ。しかし今になって思うのは、そうした損失も含めてどちらを採るかということが自分の選択に委ねられているということである。無論その本は、時間の方を採るべきだ、という立場で書かれていた。だから下らないと思ったのだが、そこで選択にまで考えが及ばなかったのは何とも幼稚だった。


■ところで、今の私がどう考えているかについて述べようと思う。私は、やはりバイトは時間の切り売りだろうなぁと思う。勿論、お金以外に色々得るものがあるのだろう。しかし、多分そうしたものは社会に出ればどのみち得られる気もするのだ。また、たまに「いつ本を読んでいるのか」とか「良くそんなことを知っているね」などと言われることがあるが、それは私がそういう風に時間を使った結果に過ぎず、別に私の頭が優れているわけではない。ただ、私は人間関係を傷つけてまで時間をつくろうとは思わない。それは私が寂しがり屋であるだけのことなのだが、かといってあまり遊んでばかりいてもこれまた仕方がないので、適当に衡平を保とうとしている。


■以上の話は、私がバイトせずに生活することを両親が許しているから可能であることは重々承知している。一般にそうした生活が可能だとは思わないし、親のすねかじりだと言うことも出来るだろう。しかし一方で、アルバイトをしている人は全て、そうしてお金を稼がなければならないほどに逼迫しているのだろうか。私が見たところではあるが、どうもそうではないように思える。では彼らは何故働くのか。一つは物欲が強い場合だろう。これは単純な理由ので説明は不要と思う。もう一つは、ファッションとしてのアルバイトがあるのではなかろうか。つまり、皆がやっているからだとか「社会経験だよ」と言われてとか「バイトしていないと格好悪い」とか、そういうものである。


■私にはこの後者の要素も中々に強いと思われる。それ故に「学生ニート」なんて意味不明の言葉が出てきたのではないか。NEETは言うまでも無く、教育も受けていなければ就業も就業訓練もしていない人のことを指す言葉だ。学生である以上はニートたり得ない。それにも拘らず、アルバイトしていなければ「学生ニート」と蔑まれるのは「働いているわたし」を祭り上げた結果でしかない。あるいは、遊び呆けているだけの大学生という学生像があるのかも知れない。しかし、いずれにせよ人々が作り上げた虚像に過ぎないだろう。そういう意味で、あれは「ファッション」だと思うのだ。


■かくいう私も同様の理由でアルバイトをしようと思ったことがあった。そして、物の見事に失敗した。勉強と仕事を両立しようなどと無茶なことを考えたからである。当時の私は、皆が皆「両立」どころか全てを為していると思っていたのだ。ところが、実際はそうではなかった。時間も体力も処理能力も有限なのだから、当たり前だ。しかし、私は周りの皆が圧倒的に体力や処理能力に優れているのかと錯覚していた。事実は簡単で、皆何かを疎かにしていたのだ。但し、そうした選択をしていたかというと、それはそうではない。ではどうするのか。これまた簡単だ。誰かに「投げる」のである。つまり、嫌なことを押し付けておいて、後でそれを自分の成果とすれば「じかんをつくる」ことが出来る上に、何も失わないということだ。


■馬鹿な話だ、と思うだろう。そうだ、全く馬鹿な話だ。だが、きっと皆無意識にやっているのだと思う。中には意識してやっている人もいて、そうした奴には心底うんざりさせられるが、大半はさほどの悪意も無く「私頑張った!」と思っているのだろう。若しかしたら、そうしたことが「要領の良さ」とされるのかも知れない。ひょっとしたら、競争に勝ち抜くにはそれが必要なのかも知れない。しかしそれは決して単純な能力の証明ではない。だから、人に投げられないような状態にあるときに、果たして私が見ていた幻影のような処理能力を期待することはできないだろう。


■そういうわけだから、冒頭に挙げた本の著者は良心的だったのだろうと思う。実は、著者も似たようなことを本の中で書いている。確かその例は「友達なんだから、この翻訳(著者は翻訳者)をタダやっておいてくれよ」というものだったと記憶している。著者はこれを断った。それで飯を食っているので、当然であろう。そして、多分その友達は、要領のいい人に数えられるのかも知れない。だが、同時に人に尊敬されることもないだろう。もし彼が、自分の人望を信じているとすれば、それはきっと見せ掛けのものに過ぎない。いや、まぁ、そういう人も知っているからわざわざここに書くのだが。


■時間は作るものではなく、選び取るものなのだろう。そんなことを「あれ、この間笑点を見たばかりなのにな」なんて呟きながら思うのである。


人気ブログランキングへ
ランキングという奴だお。共和国への援助協力と思ってクリックしてくれると幸いだお。
 

拍手[4回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
06 2018/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
リンク
他のサイトへのリンクだお。当局ご推薦。ふぃろそふぃあはメンバーが疲れちゃったのでお休みしています。
フリーエリア
人気ブログランキングへ
ランキングという奴だお。共和国への援助と思ってクリックして欲しいお。
最新CM
[02/09 親愛なる同志]
[02/09 ぎん]
[05/11 渡邉]
[11/08 けふたろ]
[11/08 bird]
最新記事
最新TB
プロフィール
HN:
親愛なる同志Kevtaro
年齢:
29
性別:
男性
誕生日:
1988/09/28
職業:
通俗的にして広義の法学クラスタ
趣味:
読書、語学、政治、哲学、睡眠
自己紹介:
所謂一つの凡夫。通称将軍様(@Kevtaro)。来年は法科大学院に通うらしい。でも法学は別段得意ではなく、政治の話をすることを好むとか何とか。そんな無知蒙昧クラスタです。啓蒙クラスタ尊敬しています!


相互リンクとか何だかテキストサイトをやっていた頃を思い出すようで懐かしいと同時に憧れなくもないよね。


怪しげなスローガン
「正気じゃないから恥ずかしくないもん!」
「第一志望は許せない」

連絡先
kyotaro.sssr*gmail.com
メッセ
ktr_bagu*hotmail.com

*→@

Twitter
上部リンク参照

Skype
Kevtaro
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
アクセス解析
*Powerd by NINJA BLOG *Designed by 龍羽風磨
忍者ブログ [PR]