忍者ブログ
―主よ、何処へ行かれるのですか? ―万軍の主って正しく将軍様のことだよね。
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 ■2月10日、親愛なる同志は果敢な一手を放ち、留年に王手をかけた。法科大学院合格からのまさしく逆転の妙手。革命的浪人同盟を裏切ったという批判は忽ち消え、今や溶接された鉄の如き団結が実現されていたのであった。時恰も国立二次試験直前、今こそ革命情勢である。

拍手[0回]

PR
■Twitterであれば野望を問われても「勿論半島の赤化統一ですお!!!!!!!1」と答えれば良いのだが、生憎ここはブログでなので、同じ事をするのも芸がないように思える。そこで、折角トラックバックからお題を拝借したことだし私の野望を書いておこうと思う。私の野望とは、今まで学んだロシア語・アラビア語・フランス語・ラテン語・古代教会スラヴ語・サンスクリットに加えてドイツ語・聖書ギリシャ語・ヘブライ語を取り敢えず辞書を引きながらも読めるようになることである。そして、それらの戦線を維持しながらも司法試験に受かるという条件まで付いてくる。しかしまぁ、それは私が語学か法学の天才でもない限り難しくなるだろう。そこで、野望と現実の調和を図らねばならない。そのため、まずは現状を整理してみたい。


■現状私がそれなりに読めるのはロシア語くらいで、次いでフランス語と古代教会スラヴ語が一応辞書を引きながらならある程度理解でき、ラテン語は文章をちゃんと読んだことはないので不明。サンスクリットは文法を一通り終わらせただけで、まだまだ余りにも単語の蓄積が無いので殆ど読めず、アラビア語に至っては忘れてしまった。これらに加えて印欧語としてドイツ語とギリシャ語、セム語としてはヘブライ語が未修言語として挙がっている。このうち印欧語は文法概念の理解にさほど時間がかからないので良いが、ヘブライ語はそもそもアラビア語を忘れているので少し時間がかかるだろう。しかもヘブライ語は不規則変化動詞が多すぎるので、かなり辛い戦いになることが予想される。翻って、既習の言語は単語と少々の語法を覚えれば辞書を引きながらであれば読めると考えられる。尤も、ラテン語は統語論が複雑なので苦労が予想されよう。


■一方法学はどうか。こちらは四苦八苦である。来年度は法科大学院の未修コースにいるが、この1年を以て既習組に追いつかねばならない。流石に法学を全く知らないわけではないから、純粋未修ではない。そのため、最初の1年の授業は恐らく若干の余裕はあるだろう。しかし、余った時間を語学に回すことは少々困難であるといわねばならない。そして、語学は飯の種にならず、他方で法科大学院に進んでしまうと法曹以外の道はこれまた苦しくなる、とするのが通説である。通説に従うならば、法学を優先せざるを得ないだろう。


■ところが、私は法学大好き人間ではないので、法学ばかりやっていると飽きる上に疲れてしまう。そこで語学の出番があるのである。こうして考えてみると、法学で溜まったストレスを解消するために語学をやる、という方式を至当とせねばならないだろう。が、これで今挙げた言語が、辞書を引きながらも読める程度に身に付くかどうかは大いに疑問である。


■そういうわけで、それらの語学戦線を全て放棄し、代わりに朝鮮語を勉強して「夢は半島の赤化統一ですお!!!!!!!!1」とやっている方が良いという結論に至るのであった。自分の芸の無さには全く飽きれる他ありませんな。

(お題は http://theme.blog.shinobi.jp/Entry/399/ より) 

拍手[3回]

 ■試験期間によるのか一日中引き籠もっていたことによるのか、良く解らない憂鬱に襲われている。憂鬱だと、本を読んでもどうにも頭に入らない。おまけにその他のことをしても気が晴れるわけでもないので、気分転換なる概念そのものが無意味と化す。今日は概ねかような状態にあったので、あまり勉強が進まなかった。


■併しながら、どうせ頭が働かないのならばいずれにしても同じことであろうと、一口だけウィスキーを飲んだところ、少しばかり状態は改善し、民法の範囲を終わらせるに成功した。明日も食事などで少し良い思いをして、刑事訴訟法を終わらせようと思う。何と言っても、刑訴法と民法さえ終えれば、卒業に必要な単位は足りるのである。反対に、刑訴法は兎も角民法を落とすと留年が確定する。何となれば、民法は必修科目だからである。刑訴法は任意の単位であるので、この後続く民事訴訟法や行政法で回復することが十分に可能であり、かつ私は民事訴訟法の方が好きなので、実のところ明日も刑事訴訟法はほどほどに民法をやろうか等とも考えている。


■どうにも留年等とは無縁に見えると、有り難くも多くの人から謂われているのだが、実際のところはこんなものである。尤も、流石の私も真面目に試験を受けて単位を取れなかったことは無い。その私が成績は措くとしても、どうしてこれほどまでに単位が残っているかといえば、それは去年の試験前に祖父が亡くなり、1週間小豆島に留め置かれたからである。流石に試験前の1週間を失ってしまっては、それでなくとも不勉強であるのに良い成績を期待できるはずもなく、当時は法科大学院を睨んで少しでも成績を改善する必要があったので、受け控えをしたのだ。後から考えてみると、そのときの成績もいつも通り良好とは謂えないものであったので、受け控えの必要は無かったかもしれない。おまけに私は結局東大の未修コースに進むことになったので、愈々以てそのような措置が必要であったのか疑わしい。が、それはやはり後知恵と言うものであろう。


■如上弁護が一体誰に向けられたものなのかは私にも判らないが、恐らく自分に宛てたものなのだろうと、些か自分にがっかりしながら寝ようと思う。

拍手[0回]

 ■現代ビジネスなるWebサイトに「東大までの人と東大からの人」という、割合うそ臭い記事がある。割合うそ臭いというか、大体嘘っぱちというか、東大でだめだった人の被害妄想の塊であった。曰く灘・開成・筑駒といった「メジャーリーガー」じゃないとインカレサークルに入って彼女作ってといった生活は出来ない、とか、オリ合宿の時点でそうした「メジャーリーガー」は既に友達になっている。何故なら彼らは塾が同じだったり模試の上位者として名前が載っているからであるetc...一目見て、そういうこともたまにはあるかもしれないが、といった程度の話であることは明らかだろうと思う。灘・開成・筑駒と比べると我が東大寺学園などマイナーリーグといったところだろうけども、私とて一応インカレサークルに入り、何となく彼女を作り、何となく分かれて更に何となく法科大学院にも合格した。記事の中では後期合格組を「裏口入学」と、地方出身者を「車輪組(ヘッセの小説に因む)」揶揄する「メジャーリーガー」にも言及されていたが、それも確かにないとは言わない。というか、現にそれに近い扱いを受けたこともある。

■しかしながら、そうした問題は畢竟自分の意識の持ちようではなかろうか。そうした風評など実のところどうでもいいものであることに気づかねばならない。自分の人生なのである。道は自分で探さねばならないし、規範もまた自分で打ち立てねばならないのだ。そうして周りをビクビク見ているようでは、なるほど「東大までの人」というか「東大入学までの人」となるだろう。何となれば、東大に入ることなど誰でも頑張ればできることだからである。また、後期入試を「裏口」と評するのは自由だが、果たして「メジャーリーガー」が培ってきたと記事の中で書かれている「基礎学力」とやらは大学の講義の理解に本当に影響を与えているのだろうか。断っておくが、私は大学の講義で「教授が何を言っているのか解らない」という気分になったことはない。「教授が何を言っているのか判らない」ことはあったが。そうしたことは別段大学入試で培われるものでもなかろう。無論、そうした能力がある人が大学入試で有利になることは間違いないとは思う。しかし、そうでなくとも前期試験に合格するのであれば、相関の度合いは低下するであろう。

■と、いった話をしながら
「時にメジャーリーガーのSさん、インカレサークルでリア充しましたよね^^」
「黙りなさい。そんなの全然してねーよ!」
みたいなやり取りが行われる辺り、緑会室は2軍にも実に居心地のよい場所らしい。それとも、緑会を一歩出れば、そこには自尊心に満ち溢れた皆様方の熱いdisが吹き荒れているのだろうか。たったの18年間の業績を誇らねばならない人というのも、東大までの人のように思えるのは気のせいだろうか。多分、東大までではない人は、下を見ている暇もないのではなかろうか。翻って、下を見て喜んでいるのは「東大入学までではないけど東大卒業までの人」なのかも知れない。無論、その間に「充実した日々」を過ごしていれば、コネやら何やらもあるだろうから、一定の評価は受けるのだと考えられるが、しかしそれは―こういっては何だが、並の東大生であり、そして並の東大生は、どの集団でも中位層がそうであるように、並の人間なのだろう。ただ、平均が高いので少々マシといった程度で、東大卒ということが足を引っ張る場合も考えると、どこまで有利に世の中を渡っていけるのか、少々疑問がないわけではない。

■記事から伺えるのはこんなところだが、冒頭に記したとおり、あの記事は実に疑わしい。並の人間が適当に書いたものじゃないのかなぁという気がしないわけでもない。なるほど、凡夫の思うところの東大生だ。そりゃ凡夫であっても何の不思議はない。東大生といってもこんなんだぜ!ということを記事にしたほうがよっぽど受けが良いだろうから、こういう形で「東大生なんてこんなもの」と表現してみるのもまた受けるのだろう。その発想はちょっと感心するものがあるが、何れにせよ妄想の世界の話であり、読者層が垣間見えるように思える。


■ところで自分のごく親しい人が日刊ゲンダイの信奉者になってしまったときはどうすればいいんですかね^^

拍手[1回]

■実のところ私は少々恥ずかしがり屋で、本屋の店員に探し物をしている旨を伝えるのも中々言い出せない。今日も今日で在庫があることは判っているが店頭に並んでいない本を持ってきてもらうのに20分くらい掛かってしまった。しかし、そんなことを言ってもあまり信じてもらえないかもしれない。何となれば、一方で私はお喋りだし、気づいたら初見の相手に大演説をぶっていたりすることは皆さんご承知の通りであろうと思うからである。


■だが、私はやはり恥ずかしがりなのだ。いつも同期の人と話すのも最初の一言は多分ぎこちないのではないかと思う。まして他の期の人と話すときはそれ以上に緊張している。併しながら、次の2つの場合は例外である。1つは、仮面を被っているときである。サングラスでも人民服でも何でもいいので、そうした演技に必要なものを身に着けていると、どういうわけか途端に気が大きくなり、好き勝手に話せるようになる。この場合に該当するのは私の卒業式だろう。卒業式の日に私はマイクをジャックし、壇上から20分に亘る演説を行ったが、それは人民服とサングラスという小道具があったので、そうした人間になりきって話すことが出来たのである。もう1つは、話し始めてから暫く経ったときである。一定以上話していると、段々と気分が高揚して、やはり手を振りかざすわ大きな抑揚をつけるわの独演会になってしまうのだ。


■叙上のように何かしらの切り替えがあれば幾らでも話せるし、そのことを私は承知しているから、必要とあれば役になりきって、若しくは実際の役職に則って話し始めることにより問題を解決している。しかし、先の例だと本屋に於いて役も何もあったものではないから―まさか、本屋で長広舌を振るうのが客の役割という人はいまい―どうにも恥ずかしく、為に20分も掛かってしまうのである。そして、話している間はやはり先述の通り気分が非常に高揚しているので、後から思い出すと、自分が話していたという実感が無い。話し終わった直後などは、記憶の方も曖昧である。無論話している間無意識というわけではないので、暫くすると内容は思い出せるのだが、自分でも少々不気味だと思わないわけでもない。事実、後から録音を聞いてみたりすると、これは一体誰だろうと思うこともしばしばある。


■読者諸氏にはこんな経験は無いだろうか。仲間内ではお喋りだと思っていた恋人が、自分と話すとあまり色々話さないのでおかしいと思うようなことは。それは、恐らく「恋人の前で弁舌を振るう自分」というものが想定されておらず、素の自分しか用意していないが故に、本屋の私同様、あまり上手く話せないのではなかろうか。しかし、恋人には恋人なりの、夫婦には夫婦なりの立場というものがあるように思える。そして、どうも世の男達はその切り替えが下手で、よく呆れられるらしい。


■必要があればやるのだから、必要性をよくよく認識せねばなるまい。畢竟全ての人間関係がそういうものなのだろうけども。

拍手[2回]

カレンダー
11 2019/12 01
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
リンク
他のサイトへのリンクだお。当局ご推薦。ふぃろそふぃあはメンバーが疲れちゃったのでお休みしています。
フリーエリア
人気ブログランキングへ
ランキングという奴だお。共和国への援助と思ってクリックして欲しいお。
最新CM
[02/09 親愛なる同志]
[02/09 ぎん]
[05/11 渡邉]
[11/08 けふたろ]
[11/08 bird]
最新TB
プロフィール
HN:
親愛なる同志Kevtaro
年齢:
31
性別:
男性
誕生日:
1988/09/28
職業:
通俗的にして広義の法学クラスタ
趣味:
読書、語学、政治、哲学、睡眠
自己紹介:
所謂一つの凡夫。通称将軍様(@Kevtaro)。来年は法科大学院に通うらしい。でも法学は別段得意ではなく、政治の話をすることを好むとか何とか。そんな無知蒙昧クラスタです。啓蒙クラスタ尊敬しています!


相互リンクとか何だかテキストサイトをやっていた頃を思い出すようで懐かしいと同時に憧れなくもないよね。


怪しげなスローガン
「正気じゃないから恥ずかしくないもん!」
「第一志望は許せない」

連絡先
kyotaro.sssr*gmail.com
メッセ
ktr_bagu*hotmail.com

*→@

Twitter
上部リンク参照

Skype
Kevtaro
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
アクセス解析
*Powerd by NINJA BLOG *Designed by 龍羽風磨
忍者ブログ [PR]