忍者ブログ
―主よ、何処へ行かれるのですか? ―万軍の主って正しく将軍様のことだよね。
[168]  [167]  [166]  [165]  [164]  [163]  [162]  [161]  [160]  [159]  [158
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

■ここ数日ご無沙汰していたのは、祖父の納骨と、そのついでに帰省していたことによる。以下、葬式と納骨についての話。気持ち悪い人は見ないほうが良いかもしれない。


■小豆島は奈良より実に5時間もかかる場所にある。近年は大阪港より出る高速艇も廃止され、姫路か日生、或いは岡山よりフェリーに乗らねばならず、大変不便になった。その小豆島に、祖父母の家はある。坂本家の「母屋」と呼ばれる本家も相当昔から小豆島にあるらしい。一体何故この島に人が住み着いたのかはよく知らないが、大方漁民か海賊か、そうでなければ落人かといったところであろう。現に祖母の家は和歌山より徳島に落ち延びたらしく、鎧兜もあるのだとか聞く。辺鄙な場所に住む者には何かしらの理由があるのだろう。さて、そんな島で、今回の五十日祭と納骨は行われた。

■まず祖父の霊は、かつての生活を惜しむべく入っていた仮の御霊屋より、祭主の「おぉ~」という低い声と共に先祖代々の社に移された。この儀式は仏式の通夜に当たる「御霊移し」の儀式と似たようなものである。御霊移しのときは部屋も暗くされ、祭主がやはり「おぉ~」という低い声を終始あげながら、祖父の体の側から仮の御霊屋へと蝋燭を運んだのだが、そのとき私は不思議にも、本当にそこに祖父の霊があり、確かに御霊屋へと入っていくのを感じた。しかしどういうわけか、五十日祭のときはあまり明確には感じられなかった。多分祖父の霊は御霊屋に入ったのだろうし、何となくそんな気はしたのだが、御霊移しのときの様な存在感がなかったのである。

■その後、祖父の骨は布製の袋に入れられて、墓の中に納められた。何でも骨壷に入れておくよりも早く成仏するということだが、あいにく墓は神道式で、奥津城といった方が解り易い様な具合である。成仏も何も、仏にはならないだろう。そしてなにより、納骨までは骨壷に入っていた理由が分からなかった。関東では、そもそも骨上げで全身の骨を壷に納めるし、その壷は更に墓に納められる。ところが、関西では一部の骨しか上げないし、墓に納めるときは骨壷から出してしまうのだ。してみると、骨壷なんて要らなかったようにも思える。
「骨壷とは何だったのか」
ひとつ論文のテーマになりそうである。いや、明らかにならないけど。ついでにそんなの書かないけど。民俗学の人なんかにお任せしようと思います。なんせ、自分、官僚養成学校の人間なんで解らないんすよ。いや、自分そういうのよくわかんないっすよ。マジリスペクトっていうか。そんな冗談はさておき、墓は閉じられ、祭主が詞をあげて、納骨を含め一連の儀式は終了した。


■斯くして私の祖父は、完全に姿を消してしまったのである。死んだばかりのときは目も開いており、ひょっとしたら動き出すのではないかと思えた。家に安置したときには目を閉じてもらっていたが、動き出すような気がした。もっとも、文字通りピクリとも動かない様はやはり死を実感させるものではあったのだが、しかしそれでもやはり、死を実感できないところがあったといえばそうだ。私は祖父が決定的にもう戻ってこない存在であることを悟ったのは、出棺の直前であった。

■私はそのとき、もうこれが最後だからと思い祖父の肌に触れたのだが、その感触は生き物肌ではなかった。動物を撫でたことがある人なら解ると思うが、生きている動物の肌は弾力があるし、柔らかく、同じ革とはいえ、皮革製品とはまったく異なるものである。果たして、祖父の皮膚の触感は、皮革製品のようだった。皮革製品の触感は死そのものなのである。私は勿論祖父の死を悲しんでいたが、その中にゾッとするようなものを感じた。祖父の内実が変わり果てたものであることを知ったのが恐ろしかったのである。

■その後、祖父の遺体は火葬され、骨になってしまった。私よりも死の衝撃が大きかったであろう祖父の実子である父でさえも、流石に骨になったのを見ると諦めがつくと言っていた。まったくその通りで、私も骨を見たときにはなんだか清々とした気分になったものだ。ああ、これは仕方の無いことなんだな、という感じである。しかし、骨になってもなお祖父は、かつて祖父が設計にこだわり様々な注文をつけて建てた家に留まっていた。そのことは何かしら慰めでもあったし、辛うじて死者と我々を繋ぐ縁であった気がする。その骨が、地中に埋められてしまったのだ。もはや祖父の死を悼む時間は終わり、日常に戻る日が来たのかもしれない。いや、その。普段一緒に暮らしていたわけではない私は、疾うに日常を取り戻してはいたのだが、改めて生きた人間だけの世界に帰ってきたのだと実感した。故郷は遠くにありて想うものと言うが、彼岸はただただ遠いのみで、やはり生者が想うべきものではない。そのために、斯くの如き儀式が考えられ、我々の意識を此岸へと呼び戻すのだろうか。そんなことを考えながら、私は島を離れた。祖母も脚が悪いので、そのうち父か伯母の家の近くで暮らすのではないかという話もある。してみると、祖父の死とともに、我が家の島は本当に遠いものになってしまったのかもしれない。

■故郷はどこか、と聞かれたとき、また一つ答えにくくなったような気がする。或いは、逆か―と、遥か東京にて思うのである。

拍手[1回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
リンク
他のサイトへのリンクだお。当局ご推薦。ふぃろそふぃあはメンバーが疲れちゃったのでお休みしています。
フリーエリア
人気ブログランキングへ
ランキングという奴だお。共和国への援助と思ってクリックして欲しいお。
最新CM
[02/09 親愛なる同志]
[02/09 ぎん]
[05/11 渡邉]
[11/08 けふたろ]
[11/08 bird]
最新記事
最新TB
プロフィール
HN:
親愛なる同志Kevtaro
年齢:
29
性別:
男性
誕生日:
1988/09/28
職業:
通俗的にして広義の法学クラスタ
趣味:
読書、語学、政治、哲学、睡眠
自己紹介:
所謂一つの凡夫。通称将軍様(@Kevtaro)。来年は法科大学院に通うらしい。でも法学は別段得意ではなく、政治の話をすることを好むとか何とか。そんな無知蒙昧クラスタです。啓蒙クラスタ尊敬しています!


相互リンクとか何だかテキストサイトをやっていた頃を思い出すようで懐かしいと同時に憧れなくもないよね。


怪しげなスローガン
「正気じゃないから恥ずかしくないもん!」
「第一志望は許せない」

連絡先
kyotaro.sssr*gmail.com
メッセ
ktr_bagu*hotmail.com

*→@

Twitter
上部リンク参照

Skype
Kevtaro
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
アクセス解析
*Powerd by NINJA BLOG *Designed by 龍羽風磨
忍者ブログ [PR]