忍者ブログ
―主よ、何処へ行かれるのですか? ―万軍の主って正しく将軍様のことだよね。
[181]  [180]  [179]  [178]  [177]  [176]  [175]  [174]  [173]  [172]  [171
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

■東京事変のアルバム「大人」に収録されている「手紙」という曲に次のような一節がある。
昔はもっと、季節の過ぎ行く速度が遅く思えていたのに。
近頃何だか速くなるみたい。為すべきことが山積みになる。

時間の感じ方の変化は最近実感するところ。かつて中学入試に向けて勉強していた頃、私の塾の学園長は「夏休みを過ぎると地球の自転が3倍になる」等と言っていたが、本当に最近では昔と比べ、地球の自転速度が上がっているのではないかと思えるほどである。無論、地球の自転は寧ろ潮の満ち干きによって遅くなっており、かつそれは体感できるようなものではないのだが、どうにもそんなことを言っている間に人生が終わってしまうような、そんな気分がしないわけでもない。

■死後はどうなるの?という質問に対し「無に決まってんだろ、宗教なんか信じているのか低脳」という声がある。なるほど、どうにも私も生まれる前のことなど思い出せないし、寝ている間のことも解らないのでそれが正しいように思える。そして、死んでしまえば無意識なので、死に気づくことも無いが故に死について悩むのは愚かだという言葉をエピクロスは残している。それもまたそうかも知れない。

■だが、恐るべきは死後の苦痛なのだろうか。私はそうではないと思う。そんなことより、今ここで物を考えている自分が消えてなくなってしまうのが恐ろしい。もっと言うと、今日好きなウィスキーを飲んで眠りに付いた私がそのまま目覚めない可能性もあるということが恐ろしいのではなかろうか。

■そうした傾向を持つ人は自己愛が強すぎるのだという説もある。しかし、それでは皆はボケてしまうことは平気だろうか。周りに迷惑をかけるから、ボケるのは嫌なのだろうか。それならば、モルヒネを打ちまくって一日中寝かしておけば迷惑でもなかろうから、満足であろうか。恐らくはそうではないだろう。ボケが嫌なのは、自己が消滅してしまうからだと思う。無論、そうではない人もいるだろうし、スパッと終わってしまった方が小気味良いという人もいるだろう。

■人生が悲劇的なのは、それが一度しかないからである。二度三度と生きられるなら、人間はこれほどまでに決断を迫られなかっただろう。しかし悲劇は時に人の心を打つ。人生そのものが至高の価値を持つのも、それが一度切りのものだからであろう。

■「手紙」では他にこのようにも歌っている。
大人になった私達には何時でも答えが要るんだね。
「恐い。」と、惑っている間にも生命は、燃えてしまう。
 多分、一面においてその通りなのだろう。しかし、時間の相手が人生である以上、大人だろうが子供だろうが、本当のところ関係無い。ただ子供は判断材料が少なく、その分残された時間も、決断までに許容される体感時間も多いということなのだと思う。

■私は既に22歳だ。それこそ何かに怯えている場合ではなく、素早い決断が求められている。実に、優柔不断は「命取り」なのだ。そして懸命に死に追いつかれぬよう走り、それでもなおどこかで追いつかれるのだろう。

■それまでは走り続けねばなるまい。だが、一体何処へ向かっているのだろうか。目的など無い、という人も多い。しかし、それはあまりにも虚しい。そして、そのような虚無主義は、自由ではあるが同時に非常に苦しいものである。

■シーシュポスを冥府に残すことを是認するか否か。是認する立場の私としては、畢竟死にそうになりながらも生きねばならず、人生をかけて道を探さねばならないのだと思う一周忌である。

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
リンク
他のサイトへのリンクだお。当局ご推薦。ふぃろそふぃあはメンバーが疲れちゃったのでお休みしています。
フリーエリア
人気ブログランキングへ
ランキングという奴だお。共和国への援助と思ってクリックして欲しいお。
最新CM
[02/09 親愛なる同志]
[02/09 ぎん]
[05/11 渡邉]
[11/08 けふたろ]
[11/08 bird]
最新記事
最新TB
プロフィール
HN:
親愛なる同志Kevtaro
年齢:
29
性別:
男性
誕生日:
1988/09/28
職業:
通俗的にして広義の法学クラスタ
趣味:
読書、語学、政治、哲学、睡眠
自己紹介:
所謂一つの凡夫。通称将軍様(@Kevtaro)。来年は法科大学院に通うらしい。でも法学は別段得意ではなく、政治の話をすることを好むとか何とか。そんな無知蒙昧クラスタです。啓蒙クラスタ尊敬しています!


相互リンクとか何だかテキストサイトをやっていた頃を思い出すようで懐かしいと同時に憧れなくもないよね。


怪しげなスローガン
「正気じゃないから恥ずかしくないもん!」
「第一志望は許せない」

連絡先
kyotaro.sssr*gmail.com
メッセ
ktr_bagu*hotmail.com

*→@

Twitter
上部リンク参照

Skype
Kevtaro
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
アクセス解析
*Powerd by NINJA BLOG *Designed by 龍羽風磨
忍者ブログ [PR]