忍者ブログ
―主よ、何処へ行かれるのですか? ―万軍の主って正しく将軍様のことだよね。
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8]  [9
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 ■2chの利用者ならば良く見かけるであろう「チラシの裏にでも書いとけ」という台詞。中々に痛烈だと思う。折角人に見られることを期待して書き込んだのに、お前の情報や案は他者にとって何等の意味も持たないと宣告するに等しい発言だからである。そしてそこには、公開するならば何らかの価値を持たねばならないという、日常的な感覚からしてもごく当然のことであるように思える前提がある。しかし、ここに自由という問題が絡むと、事態は複雑な様相を示す。

■意識せずして価値を持つ文章を書けるならば言うことはない。しかし初めから良い文章を書ける人は滅多にいない。そうすると、皆良い文章家となる為の訓練期間を経ることになる。ところがどのような文章を良しとするかは人それぞれであろう。その感性を磨くべく練習が必要となるのだが、他人にとっての価値を追うのだから、感性を「磨く」といいつつ人に合わせる作業がそこには存在しているといえる。言い方を換えると「自分を枉げる」ことになるだろう。ここでもし「自由に文章を書くこと」つまり思うが侭に書くことにつき譲歩しなければ、確かに自分の傾向は先鋭化するかもしれない。しかしただ先鋭化すれば価値を持つかと言えばそれは違うだろう。少なくとも、価値を持たないと多数が判断したからこそ修正を求められているのだから。

■一方で真似るだけでは没個性と言わざるを得ない。従って文章修行に於いては自我と他者の対立を如何にして纏めて行くかといったことが問題となる。それは非常に苦しいものだろう。単に技術の問題の止まらず、自らの態度―つまり、人格にまで踏み込んだ解決が求められることもあろう。しかし何れにせよ、どちらか片方を取れば済むという問題ではない。だから常に他者に晒されながら、自らの文章を直していくことになるだろう。当然ながら、その為には常に書かなくてはならない。

■普通はそれだけの時間も無ければ気概も無い。故に、私のように無価値な文章しか書けないのである。ここはblogだからまだしもだ。読み手のコストは精々リンクをクリックする手間と暇くらいである。しかし、これが売り物であれば、どうだろうか。コストが高くなればなるほど「チラシの裏にでも書いてろ」という声は大きくなるだろう。無論チラシの裏に書くだけでは読んでもらえる文章にはならない。しかし、チラシの裏に書いている限り誰をも害さないのである。公開するならば「それでもなお」という覚悟を固めなくてはならない。それはチラシの裏に書くような気楽なものではないし、時に譲歩も強いられるだろう。そのときどのような態度を取るか―いつかチラ裏宣告を受けないような文章を書けるようになりたいものである。

拍手[0回]

PR
 ■長らく放置していたのは一種のプレイであって、決して私の怠惰ではありませんというプレイってことにしてくれませんかね、これ。あ、プレイってのは主に私の羞恥心が満ち溢れる点で、はい。いみじくもSとMは表裏一体と申しますが、なるほどどちらも倒錯していて中々魅力があるとかないとか。

■Twitterなんかやっていると長文を書く動機が薄れます。それはTwitterが無視が前提となっているが故に余りに気楽に妄言を吐ける場所であるからでしょう。そうであるからこそTwitterは反知性主義の象徴と言われるのだと思います。逆に、あれを新たな学びが広がるとか何とかいうのはどうも納得がいかない。140文字はある種の閃きを記すには丁度良いのだけど、それ以上のことを述べるには不足。そして、諸氏のいう学びってのは、閃きなのか?学問ってそんな容易いものではないのではないか。何かを「学ぶ」とき、そこにはもっと長い努力と研鑽があるはずだ。その端緒としてTwitterを捉えるにしても、そんなに端緒ばかり必要ですかと、ちょっと疑問。


■その点私は全く努力や研鑽といったものが苦手なダメ人間でありますので、Twitterは楽しいのですね。一方blogだと長文を書かないといけないような気がしてちょっと足と言うか筆と言うか、キーボードが遠のいていたのです。しかしそれでは文章を書けなくなるような気がして拙いかなと思い今日ちょっと書いてみた次第。何となれば、文章を書くことは運動のようなもので、書けば書くほどに頭の中にあることを容易に文章に出来るようになるが、その逆もあって鈍ったら書けなくなるということも十分にありえると思ったので。

■そしてこの文を見てダメだなと思われたらけふたろ氏は弛み切っているということになるのです。そういうプレイね。あれ、参るのは私だな、これ。まぁいいや。何故ならSとMとは表裏一体であり倒錯した(以下エンドレスなんとか状態)

拍手[0回]

 ■択一の過去問の正答率が少々良くなった。同じ分野を繰り返したのではないから、これは全般に通じる感覚が戻ってきたのだろう。やはり過去問を解くことは重要だと思い知らされる。特に択一は出題に癖がある。知識不足を補いつつの作業は何とも大変ながら、多くの先輩方が同様に苦労したのかと思うと諦めが付く。合格も一緒に諦めてはならないが。


■今日も風呂場で顔を見れば、相も変わらず目の下に隈がある。しかしながら、昨日までと違い気分はそこまで沈まない。理由は良く解らないが良い傾向である。このまま調子が上向いて一日60問くらいつつ過去問を解けたら尚良いのだが、生憎知識が足りないので一問一問確認せねばならず、ついつい時間がかかってしまう。2周目からはこんなこともないだろうから、もっと素早く回せるとは思うのだが、それにしてもこの進捗状況では合格も覚束無い。もう少し頑張ろう。


■それにしても2日家から出ないと食料がなくなってくる。今日食べたのは味噌汁とたまごとひじきの煮物くらいではなかろうか。あ、ツナ缶も食べたか。ひょっとして禁漁が可決されていたらこのツナ缶も手が届きにくくなっていたのかと思うと、全く否決されて良かったと思う反面、万が一この先資源管理に失敗してクロマグロが絶滅してしまったら、やっぱりツナ缶が食べられなくなるので悲しい。もっとも、今回の提案は「禁輸」であって「禁漁」ではない。EUの消費量と言えばそれほど多くは無いだろうけども、それにしたって資源管理の方法として適切だったのかどうかは良く解らない。そういえばシーシェパードが今度はマグロ取りを妨害しに行くそうだが、果たして欧米諸国の反応や如何に。クマーのAA(ねえねえどんな気持ち?)を貼ってやりたい気分である。


■今日の日記も全く無価値だな、とふと思った。「日記」を書こうとした時点で恐らく決まっていたことなのだろう。そろそろ「日記」ではないものを書きたいのだが、如何せん法学に専心すべく頭を調整しているので、書くべきことが見当たらないのである。そして、そんな告白―或いは言い訳―自体これまた無価値なれば、ここいらで止しておこうと思う。


■追記。近頃つまらぬ法学に気をとられてあまり更新していない。私の不器用さ故のことである。ご容赦願いたい。

拍手[0回]

 ■昨日はTeckTeckの追コンがあった。送り出されるはずの4年生から多額の費用を巻き上げて(1人辺り+1000円くらいだったと思うが)実質我々が飲み食いする様はまさに外道!追いはぎコンパと言っても差し支えないものだと思うので、今回の件は仕方ないとして、来年は改善しておくこと。絶対に改善しておくように。 >新3年生諸氏


■さてそんなわけでこれにて4年生は引退し、我々がまさかの最高学年になってしまったのだが、どうも先輩らのうち一部は来年も法学部にいらっしゃるらしく、顔を合わせるだろうと予想される。ふむ、私もこのままだとロー落ち留年の危機なので一層の努力を払い、勉強せねばならない。とりあえず今日は、あまりに物権の理解が抜けているので内民Iを読み直した。しかしまだ択一解ける気がしない……いや、しかしここで頑張らねばならないだろう。


■明日は歯医者に行く。また仮の歯を付け直してもらわないと。ちゃんとしたセラミックが付くのは次の次くらいかなぁ。前歯1本ならまだしも、これが入れ歯なんかだとどれだけ大変なのだろうかと思う。時に、うちの祖父(母方・存命、大正12年生まれ)は歯の悪い祖母の前で平然とピーナッツやら沢庵なんかを食べるらしい。ふむ、それくらい丈夫な歯を残したいものである。


■なんだか最近の日記並びにボイスでは多大なる心配をおかけしたらしい。お詫び申し上げる次第である。付言しておくと、司法試験の勉強をしているとき以外の私は多分一昨年よりも余程健全な精神状態にあると思う。思っているだけで事実では無い可能性もあるが、少なくとも主観的にはそれなりに幸せであるのではないか。まぁ、勉強が終わったときとか勉強中は完全に狂っていると思うが、それは法学が悪いのであって私が悪いのではない。悪くないもん!


■時に、また積本が混乱してきた。この間もうっかり『ルイ・ボナパルトのブリュメール18日』を買ってしまった。多分読むのにそれほど時間は掛からないと思うが、そもそも今何を読んでいるのかもきちんと把握していないし、何を読むべきかも明確にしていない。近く読書計画を勉強計画と併せて策定しなければならないだろう。どいうでもいいけど、私の文章ってひょっとして「~べき」とか「~せねば」が多いのだろうか?一応使わないように努めてはいるのだけれど……

拍手[0回]

 ■今日はエホバの証人の山本さんとアパートの前で話した。彼は終末論を説き、その論拠としてエホバが良く用いるダニエル書からの計算(1914年に神が臨在云々)、天変地異、疫病、人心の荒廃などを挙げていたが、ダニエル書以外は別に歴史上珍しいことではない。宗教改革期なんてカトリック教会はめちゃくちゃだわ、戦争でドイツの人口の1/3が死ぬわ、その混乱は今よりもひどいのではないかと思う程である。そうすると、根拠は畢竟ダニエル書のみとなる気がする。で、そのダニエル書の解釈が正しいかと言うと、これがまた非常に怪しいのだ。ま、あまりエホバの話をしても仕方がないのでこんなものにしておこうと思う。さて、次は一体どの新興宗教が私に説法していくのだろうか。


■こんな風に書くと私はエホバの証人の話を聞いて暇つぶしをしていただけに思われるかもしれないが、勉強もそれなりにしたつもりだ。しかし、血反吐を吐くほどしたとは言い難い。これではいけない。もっともっと勉強せねばならない。明日はフィロソフィアの会合があるが、勉強のペースを更に上げて行こう。まだ占有権が終わったところだ。急がないと大変なことになるし、民法以外もドンドンやらねばなるまい。


■明日も頑張ろう。無論、勉強を、である。

拍手[0回]

カレンダー
11 2019/12 01
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
リンク
他のサイトへのリンクだお。当局ご推薦。ふぃろそふぃあはメンバーが疲れちゃったのでお休みしています。
フリーエリア
人気ブログランキングへ
ランキングという奴だお。共和国への援助と思ってクリックして欲しいお。
最新CM
[02/09 親愛なる同志]
[02/09 ぎん]
[05/11 渡邉]
[11/08 けふたろ]
[11/08 bird]
最新TB
プロフィール
HN:
親愛なる同志Kevtaro
年齢:
31
性別:
男性
誕生日:
1988/09/28
職業:
通俗的にして広義の法学クラスタ
趣味:
読書、語学、政治、哲学、睡眠
自己紹介:
所謂一つの凡夫。通称将軍様(@Kevtaro)。来年は法科大学院に通うらしい。でも法学は別段得意ではなく、政治の話をすることを好むとか何とか。そんな無知蒙昧クラスタです。啓蒙クラスタ尊敬しています!


相互リンクとか何だかテキストサイトをやっていた頃を思い出すようで懐かしいと同時に憧れなくもないよね。


怪しげなスローガン
「正気じゃないから恥ずかしくないもん!」
「第一志望は許せない」

連絡先
kyotaro.sssr*gmail.com
メッセ
ktr_bagu*hotmail.com

*→@

Twitter
上部リンク参照

Skype
Kevtaro
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
アクセス解析
*Powerd by NINJA BLOG *Designed by 龍羽風磨
忍者ブログ [PR]